<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

宗教者への謝礼について



●仏式の場合        .
 僧侶への謝礼は、その内容から次のように分けることができます。      

A戒名料
B読経(通夜・葬儀、初七日忌)に対するお礼
C御車代
D御膳料

 これらの費用は戒名や寺院の格式、出席する僧侶の位と人数、地域性によって異なります。
一般的に葬儀社に僧侶の手配を醸んだ場合には、戒名によって読経の謝礼も異なりますが、その最も安価な相場の目安は以下の通りです。

信士(信女)  戒名  15万円
        読経  15万円  計30万円

居士(大姉)  戒名  25万円
        読経  25万円  計50万円

院居士(院大姉)戒名  80万円
        読経  40万円  計120万円


Aの戒名料とBの読経料を合わせて「御布施」として渡すこともあります。
Cの御車代は僧侶一名に対して通夜日、葬儀日と計2日間にわたるので各5千円〜2万円と考えればよいでしょう。
 自家用車で式場に来られる僧侶のガソリン代と考えます。
 ハイヤーなどで送迎する以外は御車代が必要となります。
Dの御塔科とは僧侶の食事代です。
 通夜後のお清め、葬儀後の精進落しの席に加わらない時にお渡しします。
 僧侶1名に対して5千円〜1万円が目安です。

●神式・キリスト教式
  神式の場合は、仏式の合計金額と同額の30万円以上が相場となっているようです。
  キリスト教式の場合は所属する教会などに碓認をしたほうがよいでしょう。

●寺院費用の平均は50万円
  (財)日本消費者協会の調査によれば(前出)、寺院の費用(戒名料と読経料の合計)は全国平均で約50万円でした。
  地域別では、中部地区(前出)が最も高く、87万5千円、次いでやはり関東地区と続きます。
反対に最も低い地域は中国地方の約25万円でした。                        
 中部地方と中国地方を比較すれば倍以上の開きが出ています。
しかし、100万円以下の価格帯にほとんどの回答が集中しました。
 その前々回(平成7年)調査では全国平均が53万円、前回(平成11年)調査では全国平均が49万8千円、
今回(平成15年)調査では48万6千円と、年々減少しているという結果が出ています。
寺院の費用に100万円以上を充てていた人が激減したことが、平均を大きく下げた要因といえます。
 また葬儀費用全体から見た寺院費用は、平成7年の調査では約25%だったのが、平成11年調査では22%、平成15年調査では20%と下がっています。
 ここにも日本人の死生観の変化や宗教者に対する意識の変化が見てとれます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。