<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

葬儀費用の概要について



●葬儀にかかる費用は??

経済状況の変化や社会状況の変化は、葬儀においても色濃く反映されます。

ここ10年、20年の変化を見ても、式場の利用度や仕出し料理店の利用度は格段に増しています。

町内会総出で精進料理を作るどの光景は見られなくなっています。

というのも喪家側に自宅で葬儀を行い、近隣に手伝ってもらうのは面倒だし、イヤだ、といった声が強く、式場・仕出し店の利用に拍車をかけています。

他人に面倒をかけるなら多少の出費はやむを得ない、という判断が働いているのは事実です。

こうした状況の中で、つい最近までは葬儀費用は年々上昇し続けてきました。

マスコミでも不透明な葬儀料金、などといった特集が組まれ、ブラウン管を賑わせる昨今です。

葬儀料金の不透明感は、情報に乏しいことと、商品の比較検討が事前に行えないことにあります。  


葬儀費用は次の四種類に大別され、その総合計が葬儀費用といわれるものです 

@僧侶などの宗教者に要する費用

A葬儀社に要する費用

B飲食に要る費用

C香典返しなど会葬お礼費用  



現代の葬儀は、葬儀社が主導する葬儀であるといっても過言ではありません。

財団法人日本消費者協会のアンケート調査によれば、葬儀費用の合計の全国平均は2百36万6千円という調査結果が出ています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。