<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

葬儀費用の内訳について



葬儀費用は次の四種類に大別できます。

@寺院など宗教者に払う謝礼

A葬儀社に払う葬儀施行一式費用

B仕出し店に払う料理代金

C香典返しのための費用  


この他に、葬儀費用とはいえませんが、仏壇や墓地・墓石の費用も必要となる場合があります。


@の寺院に支払う費用は、仏式であれば、お布施・戒名料や読経科といった宗教者に要する費用です。  

Aの葬儀社に支払う葬儀費用は、一般的に祭壇料と呼ばれるものと、火葬費用やバスなどの代金を合計したものです。  

Bは弔問‥芸葬者に対する接待費用、料理代金です。  

Cは香典返しをはじめとする会葬者に対する謝礼です。  

この四種類の総合が葬儀費用の合計となります。


平成15年の(財)日本消費者協会の調査によれば全国平均の葬儀費用の合計は2百36万6千円という結果が出ています。

その費用の内訳は葬儀一式費用に1百50万4千円、寺院の費用48万6千円、飲食接待費用が38万6千円、その他となっています。  

「葬儀費用の合計」が最も高かったのは中地区(山梨・長野・岐阜・静岡・愛知)で3百78万9千円、 反対に最も低かったのは関東地区(茨城・栃木・群馬・千葉)で、両者には200万円以上の開きが出ています。          
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。