<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

葬儀施行費用一式について@



●全国平均は約131万円

葬儀施行費用は葬儀社に支払うもので、葬儀施行のための一式の料金です。


葬儀施行一式費用は

@基本料金(いわゆる祭壇費・施行料)

Aオプション(基本料金以外の別料金)

B火葬費などの諸実費

C式場費

D志などの雑費  


に分けることができます。  

前出の調査によれば、葬儀一式費用の全国平均額は150万4千円となっています。

最も低額の方は近幾の50万円で、最高は中部地区の248万円でした。


●金銭トラブル  

葬儀の依頼にあたっては、一式の内容をよく確認しておくことが大切です。

葬儀の金銭トラブルの多くはここにあります。

喪家側の一式と葬儀社側の嘉に見解の相違があることが多く、葬儀社側の説明不足、 喪家側の思い違いを解消するためには、十分な説明を受けることが重要です。

知らないことをそのままにしておくことがトラブルの大きな要素です。

葬儀の当事者になることは一生の内で何度もありません。

知らなくても当然のことです。

また、葬儀社や互助会によっても違いのあることが混乱に拍車をかけています。

依頼をした葬儀社の説明をよく聞き、不明な点はその場で説明を求めます。
そしてその場で見積書の提出を求めることが大切です。  


●基本料金  


基本料金とは、主に祭壇飾りなど式場内外の設営・撤収に要する費用で、最低これだけあれば葬儀ができる、というものです。

この費用と内容は葬儀社によって大差があります。

個別料金制の会社もあれば、セット料金制のところもあります。

最大の問題は、この基本料金の中に枢の代金が含まれているかどうかということです。

他にも、何と何が基本料金に含まれているかキチンと確認をします。

わからない言葉はその場で説明を求め、どこにどう飾られるのか、なぜ必要なのかを聞くことが大切です。  


以下はある葬儀社の基本費用の一例です。


◎葬儀基本料金内訳  

祭壇一式(白木の祭壇な)  

柩一式(寝日で内装品共)  

ドライアイスなど遺体保護処置料  

仏衣一式  受付用品等消耗品(筆記目で各種帳面)  

焼香用品等消耗品  

遺影一式  

枕飾り一式(自宅での焼香用具)  

祭壇用供物  

式場内用装飾幕(式場によっては不使用)  

式場外用装飾幕(式場によっては不使用)  

音響用品  

照明用品  

司会進行等葬儀執行費  

設営・撤収費  

車両・通信費  



最低、前記のものがあれば葬儀は型どおりに行うことができます。

祭壇一式では写真などを参考に、祭壇上にどういう飾りが飾られるのかを確認しておきます。

柩一式についても、布団や枕、枢内の幕があるかどうか、を確認します。

遺影の一式についても、一式の中身を確認します。

こうした本(セット)費用は三十万円ほどから数百万円まで葬儀社によってその種類はさまざまです。

喪家の予算に合わせて選ぶようにします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。