<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

葬儀施行費用一式についてA



●オプションとなる費用  

オプションとなるものは、種類や数量によって金額が変わるものや、遺族の希望によって付加されるものです。 湯潅費用、遺影花額、自宅での遺骨安置用祭壇、主看板、案内看板、造園費用、門灯飾り(式場入り口の提灯)、受付用や通夜ぶるまいのためのテント、冷暖房設備、礼状、租供養品、供花などがオプションとなります。 ここでも葬儀社によって大きな差があります。礼状などは百枚までは基本料金の中に組み込まれていることもあります。いずれにしても、見積書の提出を求め、単価、数量を明記してもらうことが大事なことです。


●諸実費
 

以上の祭壇関連費用の他に、火葬・輸送に要する費用が必要となります。  

火葬料金・遺骨収納壷  控え室代金(火葬中に待機する部屋)  霊柩車代金  ハイヤー  マイクロバス などに要する費用です。  

東京では霊柩車(宮型指定車=お宮飾りのついた車)は2万9千円(税別)、火葬料(民間)は4万8千3百円(大人)以上、 収納壷1万1千5百円(瀬戸)以上、控室1万2千5百円以上、マイクロバス一台3万5千7百円、ハイヤー一台3万5千円、以上の合計で最低約17万円の費用がかかります。  

火葬料金は公営の火葬場などの場合は無料または低料金となりますが、利用者は周辺の住人に限られます。

この費用も葬儀社によっては基本料金の中に含ませているところもあります。


●式場費用  

式場費用もその経営母体や式場の規模によって大きく異なります。

都内の民間火葬場付帯の式場では、式場と清め室のワンセットを通夜と告別式で借りた場合は約24万円ほどかかります。

これ以外の民間の式場では部屋の大きさなどによって料金は変わりますが、15万円以上が相場になっています。

寺院を式場として利用する料金は、最低でも30万円と見ていた方がよいでしょう。

寺院が経営をする貸し式場も民間式場に準じた料金設定をしていますが、多少高めになっています。

その点、公営の施設は廉価で利用できます。 先の民間式場の約半額と見ておけばよいでしよう。  

また公営式場がなくとも、市や区などが補助金を出している自治体もあります。


●雑費
 

葬儀費用の中で少額ですが忘れてはならないのはチップ(志)です。

当然のことながら、この費用だけは領収書が発行されません。  

東京でも慣例上この制度が続いており、霊柩車の運転手には5千円以上、ハイヤー、バスの運転手には3千円以上、火葬場および火葬場の職員などへ3千円から1万円ほどのチップを用意します。

利用する種類やランクによってチップの金額は異なりますので、葬儀社に相談します。  

公共の施設では志が禁止されているところもありますので、葬儀社や近隣の方の意見を参考にして下さい。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。